埼玉県さいたま市のI様邸で協和ハウスが行った物置設置工事の施工事例です。

部分リフォーム事例

埼玉県さいたま市 I様

埼玉県さいたま市で以前、内装総合リフォームを施工したI様から、物置設置工事のご依頼いただきました。 大きなサイズの物置ですので、しっかりと鉄筋を組んだ基礎を打ち込んでから、物置設置工事を施工しました。

施工後の物置 施工後の物置 施工後の物置 施工後の物置 施工後の物置 施工後の物置

リフォーム作業写真

物置の解体

まずは既存の物置を解体していきます。大きな物置なので屋根材壊、壁材、構造部の柱など順番に解体していきます。

物置の解体

サッシもついているしっかりとした造りの物置でしたので、全て解体した廃材で2トントラックが満杯になりました。

物置設置場所に打ち込んだ基礎コンクリート

解体が完了したら、新しい物置を設置する場所にコンクリートを打ち込んでいきます。

コンクリートに組んだ鉄筋

大きなサイズの物置を設置するので、基礎部分のコンクリートにはしっかりと鉄筋を組みます。

基礎部分の型枠

鉄筋を組んだ部分に型枠を取り付けて、コンクリートを流し込みます。

木枠を取り外した基礎コンクリート

流し込んだコンクリートが硬化したら、型枠を取り外します。これで物置を設置する基礎部分は完成です。

設置した物置と床に流し込んだコンクリート

基礎部分に物置を設置して、物置の床になる部分に型枠を取り付けて、コンクリートを流し込みます。

型枠を取り外す作業中のスタッフ

コンクリートが硬化したら、型枠を取り外します。

土留めブロックにモルタルを作るスタッフ

次にモルタルを作ります。物置の前方に土留めのためのブロックを設置していますので、設置した土留めブロックの穴をモルタルで埋めます。

土留めブロックにモルタルを打ち込むスタッフ

作ったモルタルを土留めブロックに打ち込んでいきます。

モルタルを打ち込んだ土留ブロック

全ての土留めブロックにモルタルをを打ち込んで完成です。

ビフォーアフター

施工前の物置

施工前の物置です。

施工後の物置

施工後の物置です。既存の物置を解体して、基礎コンクリートを打ち込んでから新しい物置を設置しました。

>>施工事例トップに戻る

お客様の想い描いているリフォームを
「成功させる」ための
確かな経験と技術があります

リフォームをお考えの方は、理想の間取りや素敵なキッチン・広々とした浴室・・など、様々な想像をしてイメージを膨らませていると思いますが、 リフォームをする上で最も避けて通りたいことは「失敗をする」ということではないでしょうか。 協和ハウスでは大工・設備・電気等の工事を全て自社施工可能で、日々経験を積んで技術の向上に努めています。 これまで培ってきた確かな経験と技術で、お客様の生活を今よりワンランクもツーランクも、更に便利で素晴らしいものに向上させるリフォームを志しています。

リフォームをご検討中の方は、ぜひ一度、協和ハウスにご相談ください

フッター上部町の風景イラスト

TOPに戻る