埼玉県川越市M様邸で協和ハウスが行った外壁改修工事工事の施工事例です。

部分リフォーム事例

埼玉県川越市 M様邸

埼玉県川越市の外壁改修工事施工事例です。
既存の外壁が剥がれ落ちてしまいそうな状態だったので、解体後に下地造作をして、新しく防水シートを貼り込み、モルタル施工の上から塗装施工しました。

施工後の外壁 施工後の外壁 施工後の外壁 施工後の外壁

リフォーム作業写真

剥がれた外壁

既存の剥がれた外壁部分です。外壁が剥がれてかなり大きな隙間が空いてしまっています。この状態では雨水も外壁の中に入ってしまうので、対策工事が必要な状態でした。

外壁下部の解体

今回は外壁を解体して、再度下地から造作する工事を施工しますので、まずは剥がれている部分の外壁を解体していきます。

外壁全体の解体

同じ面の外壁を全て解体していきます。

解体後の外壁

施工する範囲の外壁を全て解体しました。

胴縁の造作

新しく外壁を施工するために、下地の胴縁を造作していきます。

透湿防水シート貼り付け

続いて透湿防水シートを張り込んでいきます。透湿防水シートは湿気は通すが水は通さない性質をもったシートです。

ラスカットの取り付け

透湿防水シートの上からラスカットを張り込んでいきます。ラスカットは防火・防水・強度の優れたモルタル下地材です。

ラス網取り付け

ラスカットの上にラス網を取り付けていきます。ラス網を取り付けることで、モルタルが剥がれて落ちてしまうのを防ぐことができます。

モルタル塗り込み

ラス網の上からモルタルを塗り込んでいきます。

モルタル塗り込み完了

モルタルの塗り込みが完了しました。

塗装パターン付け

最後に塗装をパターン付けして、周りの外壁と模様や色を揃えて完了です。

ビフォーアフター

施工前の外壁

施工前の外壁です。下部分が剥がれて大きく隙間が空いた状態でした。

施工後の外壁

施工後の外壁です。既存の外壁を解体して、新しく下地胴縁造作・透湿防水シート貼り込み・ラスカット貼り込み・モルタル塗り込み・塗装パターン付けを施工して、周りの外壁と同じ模様・色で仕上げました。

>>施工事例トップに戻る

お客様の想い描いているリフォームを
「成功させる」ための
確かな経験と技術があります

リフォームをお考えの方は、理想の間取りや素敵なキッチン・広々とした浴室・・など、様々な想像をしてイメージを膨らませていると思いますが、 リフォームをする上で最も避けて通りたいことは「失敗をする」ということではないでしょうか。 協和ハウスでは大工・設備・電気等の工事を全て自社施工可能で、日々経験を積んで技術の向上に努めています。 これまで培ってきた確かな経験と技術で、お客様の生活を今よりワンランクもツーランクも、更に便利で素晴らしいものに向上させるリフォームを志しています。

リフォームをご検討中の方は、ぜひ一度、協和ハウスにご相談ください

フッター上部町の風景イラスト

TOPに戻る