埼玉で太陽光発電の設置をお考えの方は実績のある協和ハウスにお任せ下さい。

太陽光発電システム設置工事

太陽光発電システム設置工事の流れについて

ご家庭で太陽光発電システムを設置する場合、どういう準備が必要なのか、また設置工事自体はどのような手順で行なわれるのか、 事前に知っておくと、いろいろなトラブルを回避することができます。

現場調査

屋根の勾配や設置面積、搬入経路、パワーコンディショナーの設置場所などを事前にお伺いして確認します。

資材運搬

太陽光パネル、電気配線、架台、パワーコンディショナー、カラーモニターなど、太陽光発電システム設置工事に必要な材料を搬入します。
資材運搬

架台金具取付

太陽光モジュールを載せる架台を置く為に、屋根に専用の金具(アンカー)を取り付けます。 ネジでしっかりと固定した後に、コーキング処理をし、雨水が入らないようにしっかりと防水します。
架台金具取付

架台取付

先ほど設置した架台金具に、架台を設置していきます。
架台取付

太陽光パネル取り付け

屋根に太陽光パネルを取り付けていきます。
太陽光パネル取り付け

各種電気・配線工事

室内・室外のパワーコンディショナー、接続箱、電気メーター等を取り付けるため、各種電気・配線工事を行います。 この時点では電気メーターは通常の買電用のものしかありませんが、工事後に電力会社による連系工事により、売電メーターが取り付けられます。
各種電気・配線工事

パワーコンディショナー取付

室内にパワーコンディショナーを取り付けます。パワーコンディショナーは、太陽光パネルで発電した直流電力を、一般の家庭で使用できるよう、交流電力に変換する役割があります。
パワーコンディショナー取付

接続箱取付

接続箱を取り付けます。接続箱は家の外の外壁部分に取り付けます。接続箱は太陽光からの複数の配線を一つにまとめてパワーコンディショナーに接続する役割があります。
接続箱取付

カラーモニター取付

カラーモニターを取り付けします。カラーモニターを設置することで、発電、消費、売電電力をリアルタイムで確認する事ができます。 表示モードも数種類あり、電気状況をわかりやすく表示します。
カラーモニター取付

太陽光発電システム設置工事完了

以上の工程で太陽光発電システム設置工事が完了となります。ここまでの工事は基本1日で完了しますが、電力会社による連系が終わってからの運転開始となります。 工事完了日から連系工事までは約2~3週間ほどかかります。

※全量売電工事(太陽光10Kw以上搭載)の場合は、工事完了まで2~3日程度かかります。
太陽光発電システム設置工事完了

電力会社による連系工事

電力会社によって売電メーターが取り付けられます。同時に全てのシステムが問題なく作動するかチェックを行い、ここで初めて太陽光のスイッチをONにし、太陽光発電システムが運転開始となります。


太陽光発電システムに関する疑問は「よくある質問(太陽光発電システムについて)」をご覧下さい。

戻る [1] [2] [3] 進む

[関連ページ]
太陽光発電
地主様へ

リフォームのご相談・お見積もりはこちら

フッター上部町の風景イラスト

TOPに戻る