タフロンウッドを使用した柱・梁・木材接合部補強工事の手順や方法の説明です

タフロンウッドを使用した柱・梁補強

タフロンウッドとは、木部や木材接合部の補修・補強専用の補強剤です。木材の表面にアラミド繊維とタフロンウッドを併用することで接着強度・補強強度・耐震強度が従来の木材よりも数倍強固になります。

アラミド繊維はタックダイン・基礎補強工事の手順でも紹介しましたが、鉄の5倍の引張強さを持っており、防弾チョッキ・高速道路や橋脚などの公共工事でも用いられています。

アラミド繊維

タフロンウッドやタフベースと併用することで驚くほど固く頑丈になります。ご希望があればサンプルをもってお伺いしますので、ぜひ一度実際にさわって、アラミド繊維の固さ・頑丈さを体験してみてください。

タックダインとアラミドを併用したサンプル

作業時間

タフロンウッドを使用した柱・梁・木材接合部補強工事の作業時間は3~5時間が目安となります。施工場所や施工範囲によって多少の前後はあります。

施工手順

タフロンウッドを使用した柱・梁・木材接合部補強工事の手順ですが、基本的には、「タフロンウッドを塗る」→「アラミド繊維を貼る」→「アラミド繊維の上からタフロンウッドを塗る」といった流れになります。

  • タフロンウッドを塗り、ヘラで均一に伸ばす
  • アラミド繊維を貼り、空気が入らないように脱泡ローラーで圧着させる
  • アラミド繊維の上にもう一度タフロンウッドを塗り、ヘラで均一に伸ばす

作業は1~2人で施工可能です。施工箇所や施工範囲で多少の前後はあります。 主に「床下」や「屋根裏」の限られた空間での作業となります。特に屋根裏は歩く場所を間違えると天井が抜けてしまうこともありますので、DIYでの施工は困難です。プロにおまかせください。

ここからは実際に屋根裏の施工現場写真を使用しながら、タフロンウッドを使用して柱・梁・木材接合部の補強工事の手順や方法を詳しく説明していきます。

(1)こちらが今回使用する道具「タフロンウッド主剤」「タフロンウッド硬化剤」「アラミド繊維シート」「脱泡ローラー」「ゴムヘラ」「防塵マスク」です。

タフロンウッド柱・梁補強で使用する工具一式

その他には屋根裏に入るために「ヘッドライト」「つなぎ作業服」「ゴム手袋」「屋根裏用のクツ」を着用します。「ゴム手袋」は施工中にタフロンウッドが付着してしまうこともあるため、使い捨てのゴム手袋を使用して、作業中に何度か付け替えます。

屋根裏は昼間でも暗くて周囲が良く見えないことが多いため、「作業灯」や「投光器」も必要に応じて使用します。

(2)まずは屋根裏へ入る押入れ周辺を養生していきます。作業スタッフの出入りはもちろんですが、タフロンウッド剤や施工道具も運び入れるので、お客様宅の襖や床等が汚れ・傷が付かないようにしっかりと養生をします。

屋根裏に入る押入れ部分の養生

(3)今回はこちらの押入れ上部から屋根裏へと入っていきます。

天井裏に入る押入れ上部

点検口があれば点検口から入りますが、点検口が無い場合でも、今回のように押入れ上部から入ることが可能です。昔の日本家屋は、点検用に押入れ上部の半分が固定されておらず、簡単に開くようになっていることが多いからです。

今回の屋根裏の柱・梁・木材接合部補強をするお宅も、押入れの上部が簡単に開いたので、こちらから屋根裏に入りました。もちろん点検口を造作することも可能ですので、ご希望の方は一度ご相談ください。

(4)押入れ上部から、作業で使用する道具を屋根裏に運んでいきます。タフロンウッドや施工道具の他に、道板などの大きな材料もあるため慎重に運びます。

押入れ上部から工具一式を運び込む

(5)施工前の屋根裏です。この屋根裏の梁や柱・木材の接合部に、タフロンウッドとアラミド繊維を併用して補修・補強工事をしていきます。

施工前の屋根裏全体

(6)下の写真は和室の天井部分ですが、屋根裏は普通に歩くと底が抜けてしまいます。和室の天井は特に抜けやすいので、踏まないように注意しなければいけません。

和室上部の天井裏

(7)天井部分は歩けないので、基本的には梁などの上を移動するのですが、それでも施工が難しい場合は「道板」を梁と梁や丈夫な構造材部分の間にかけて、移動や施工を行います。

梁と梁の間に道板をかけて、その上で移動や施工をする

(8)施工材料や道板の準備が完了したら、まずは柱・梁・木材接合部に塗るタフロンウッドを作ります。「タフロンウッド主剤」を開封して、その中に「タフロンウッド硬化剤」を入れます。

タフロンウッド主剤の中にタフロンウッド硬化剤を入れる

(9)「タフロンウッド主剤」と「タフロンウッド硬化剤」を混ぜ合わせます。この混ぜ合わせたものを、木材に塗っていきます。混ぜ合わせたら時間が経過するにつれて硬化が進んでいってしまうため、素早く施工箇所に塗っていく必要があります。

タフロンウッド主剤とタフロンウッド硬化剤を混ぜ合わせる

(10)早速タフロンウッドを施工していきます。まずは施工する箇所の木材についているほこりを取ります。屋根裏は定期的に入って掃除することが難しい場所なので、木材部分にはホコリが付着しています。

タフロンウッドを施工する木部についているホコリを取る

(11)先ほど作ったタフロンウッドを木材に塗っていきます。タフロンウッドは粘着性が強いためゴム製のヘラを使って均一に伸ばしていきます。

混ぜ合わせたタフロンウッドを、ハケを使って塗っていく

(12)タフロンウッドを塗った部分に、アラミド繊維を貼り込んでいきます。貼った直後に硬化するわけではありませんが、時間が経って硬化してしまうと剥がすことは難しくなるため、慎重に張り込んでいきます。

タフロンウッドを塗った部分の上に、アラミド繊維を貼り込む

(13)タフロンウッドを塗った部分の上に、アラミド繊維を貼り込んだ状態です。これで終わりではありません。

タフロンウッドの上に貼り込んだアラミド繊維

(14)アラミド繊維を貼り込んだら「脱泡ローラー」で空気を押し出します。

脱泡ローラーでアラミド繊維とタフロンウッドを圧着させる

貼り込んだアラミド繊維とタフロンウッドの間に空気が入り込んでしまうと、その部分が浮いてしまいタフロンウッドと接着しません。そのため空気が入り込まないように脱泡ローラーを使用して空気を押し出しながら圧着させる必要があります。

(15)空気を押し出してタフロンウッドとアラミド繊維がしっかり圧着したら、その上から再度タフロンウッドを塗っていきます。こちらもゴム製のヘラで均一に伸ばしていきます。

アラミド繊維の上から、再度タフロンウッドを塗る

(16)アラミド繊維の上から全体的にタフロンウッドを塗り上げました。これでこの部分の施工は完了です。

(17)あとはここまでの一連の作業「タフロンウッドを塗る」→「アラミド繊維を貼る」→「アラミド繊維の上からタフロンウッドを塗る」を繰り返して、施工箇所すべてに貼り込んでいけば、タフロンウッドを使用した柱・梁・木材接合部補強工事の完了です。

まとめ

以上が「タフロンウッドを使用した柱・梁・木材接合部補強工事の手順や方法」です。作業時間は約3時間。AM9:00から作業が始まり、工事完了はPM12:00頃でした。今回は3人で作業に入ったので、2人で作業した場合はもう少し作業時間がかかります。

屋根裏や床下はなかなかご自身で確認することができない場所です。気づいた時には構造材が機能しなくなってしまう可能性もあります。構造材が機能しないと当初の構造計算も成り立たなくなってしまいます。

定期的な点検・メンテナンスをしたうえで、適切な補修・補強をすることをおすすめします。

不安がある方は一度、協和ハウスにご連絡ください。協和ハウスは、あなたのお住まいの最善のリフォームをご提案いたします!


メールでご連絡はこちら

info@kyouwahouse.com

電話でご連絡はこちら

0120-166-766

関連ページ

>>リフォームトップに戻る

お客様の想い描いているリフォームを
「成功させる」ための
確かな経験と技術があります

リフォームをお考えの方は、理想の間取りや素敵なキッチン・広々とした浴室・・など、様々な想像をしてイメージを膨らませていると思いますが、 リフォームをする上で最も避けて通りたいことは「失敗をする」ということではないでしょうか。 協和ハウスでは大工・設備・電気等の工事を全て自社施工可能で、日々経験を積んで技術の向上に努めています。 これまで培ってきた確かな経験と技術で、お客様の生活を今よりワンランクもツーランクも、更に便利で素晴らしいものに向上させるリフォームを志しています。

リフォームをご検討中の方は、ぜひ一度、協和ハウスにご相談ください

埼玉県の協和ハウスにリフォームの相談をしてみる

フッター上部町の風景イラスト

TOPに戻る